知人との契約書のひな型

JPSの売買契約書ガイド:知人との取引を安全かつスムーズに行うための契約書ひな型と作成ポイントを解説します

契約書

知人との契約書作成には、次の要素を含めることをお勧めします。契約書は、双方の権利と義務を明確にし、将来のトラブルを避けるために非常に重要です。以下は、知人との契約書のひな型です。

売買契約書

の契約書(以下「本契約」といいます。)は、以下の当事者間で締結されます。
売主
氏名:______________
住所:______________
電話番号:______________

買主
氏名:______________
住所:______________
電話番号:______________

第1条(目的)

売主は、買主に対して、以下の物品(以下「本商品」といいます。)を販売し、買主はこれを購入することに合意します。

本商品:______________

第2条(価格)

本商品の販売価格は、____円(消費税込み)とします。

第3条(支払い方法)

買主は、本商品の代金を以下の方法で支払うものとします。
支払い方法:______________
支払い期限:______________

第4条(引渡し)

  1. 売主は、買主に対し、本商品の引渡しを以下の日付に行います。
    引渡し日:______________
  2. 引渡し場所は、以下の住所とします。
    引渡し場所:______________

第5条(報酬)

買主は、売主に対して、以下の報酬を支払うものとします。
報酬:______円(販売価格の__%)

第6条(返品・返金)

  1. 本商品の返品および返金に関する条件は、以下のとおりとします。
    条件:______________
  2. 返品に伴う送料は、____が負担します。

第7条(契約の解除)

  1. 売主または買主が本契約に違反した場合、相手方は書面による通知をもって本契約を解除することができます。
  2. 契約解除後、双方は速やかに本商品の引渡しおよび代金の返還を行うものとします。

第8条(保証)

売主は、本商品が正常に動作し、故障がないことを保証します。保証期間は、引渡し日から__ヶ月間とします。

第9条(その他)

  1. 本契約に定めのない事項については、売主および買主は誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
  2. 本契約は、当事者双方の書面による合意がない限り、変更または修正することができません。

署名
本契約は、売主および買主が以下に署名することにより効力を生じます。

売主:______________(署名)
日付:______________

買主:______________(署名)
日付:______________

まとめ

このひな型を基に、具体的な条件や詳細を加えることで、より適切な契約書を作成することができます。また、契約書の法的効力を確保するために、必要に応じて法律の専門家に相談することをお勧めします。