メルカリで得た収入が所得税の対象となる場合の計算方法

所得税計算

メルカリで得た収入が所得税の対象となる場合、次のように所得税の計算方法を理解し、必要経費の控除や収益に対する課税率を把握することが重要です。

収入の計算

  • 売上合計:メルカリで得た総売上金額

必要経費の控除

収入から必要経費を差し引いて課税所得を計算します。必要経費には次のようなものが含まれます。

  • 仕入れ費用:商品の購入費用
  • 送料:商品の発送にかかった送料
  • 梱包材費用:梱包に使用した材料の費用
  • メルカリ手数料:メルカリに支払った販売手数料
  • その他経費:商品写真の撮影費用やマーケティング費用など
  • 計算式:売上合計 – 必要経費合計 = 課税所得

収益に対する課税率

日本の所得税は累進課税制度です。以下は年間課税所得に対する税率です。

  • 195万円以下5%
  • 195万円超え~330万円以下10%(控除額97,500円
  • 330万円超え~695万円以下20%(控除額427,500円
  • 695万円超え~900万円以下23%(控除額636,000円
  • 900万円超え~1,800万円以下33%(控除額1,536,000円
  • 1,800万円超え~4,000万円以下40%(控除額2,796,000円
  • 4,000万円超え45%(控除額4,796,000円

所得税の計算例

例:売上合計100万円、必要経費60万円の場合

  • 課税所得:100万円 – 60万円 = 40万円
  • 所得税:40万円 × 5% = 2万円

まとめ

メルカリで得た収入が所得税の対象となる場合、まず売上から必要経費を差し引き、課税所得を算出します。その後、累進課税制度に基づき適用される税率で所得税を計算します。必要経費を適切に控除することで、課税所得を減らし、支払う税金を抑えることが可能です。

  1. 収入合計を計算
  2. 必要経費を控除
  3. 課税所得を算出
  4. 累進課税制度に基づいて税率を適用して所得税を計算