マングース

天然記念物を守る!マングース探索犬

「マングース?」って聞くと、あの「マングースVS猛毒蛇のハブ」を思い出しますよね。

特定外来種」指定されている、マングースは、南アジアに広く生息するネコ目マングース科の哺乳類ですが、明治時代に増殖する猛毒ハブの対策としてインドから大量に沖縄県に投入されました。

その後、奄美大島に沖縄県より運ばれた数十頭が放たれたということです。

ハブの天敵といわれるマングースですが、想定外でハブにはほとんど目もくれず、トカゲやカエル、ウサギ、ネズミなど奄美大島に生息する多くの弱い動物たちを捕食し、奄美大島の生態系をズタズタに破壊してしまいました。

なんとピーク時には、約1万頭にまで増殖したといわれています。

特定外来種とは、
外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。特定外来生物は、生きているものに限られ、個体だけではなく、卵、種子、器官なども含まれます。
参考:環境省「日本の外来種対策」より

「奄美マングースバスターズ」と「マングース探索犬」

ジャーマンショートヘア
人間の都合で連れてこられ、役に立たないと分かったら思ったら今度は、駆除対象となった悲しきマングース達・・・

奄美マングースバスターズとは、マングース捕獲のための専門チームで、2005年のマングース駆除事業の開始とともに結成されました。
当初12名のメンバーでしたが現在では、40名を超えているようです。

マングース探索犬は、マングースバスターズのメンバーであるハンドラーと呼ばれる訓練士と一緒に森の中に入り、マングースの臭いや分を探し出し、時にはマングースを見つけて穴などに追い込みます。

この探索犬は、マングース捕獲に大きく貢献しているとのことです。

エルサルバドル【サッカー戦争】次のページエルサルバドル共和国

ピックアップ記事

  1. 宇土弘恵-消えた天才
  2. 羽田のカリスマ清掃員-新津春子さん
  3. 【本田秀夫】発達障害と向き合い続ける日本屈指の精神科医
  4. V字回復したクラゲ加茂水族館館長/奥泉和也
  5. 将来歩けなくなる危険もある足の異常「アーチくずれ」とは?

関連記事

  1. 足アーチ崩れ

    TVネタ情報

    将来歩けなくなる危険もある足の異常「アーチくずれ」とは?

    足アーチ崩れ度チェック下記の項目に一つ以上当てはまれば、将来歩けな…

  2. 鮨

    TVネタ情報

    初音鮨【鎌田】口コミ 評判

    東京大田区蒲田にミシュランガイド東京で11年連続二つ星を獲得している鮨…

  3. 宮城県気仙沼

    TVネタ情報

    【ニオイが凄い!】宮城県郷土料理「あざら」を食べるには?

     あざらとは?「あざら」は、宮城県の気仙沼地方などに伝わる郷土料理…

  4. 松浦武四郎

    TVネタ情報

    北海道の名付け親【松浦武四郎】とは?

    松浦武四郎とは?2018年は、幕末の探検家松浦武四郎が北の大地(蝦…

  5. リンクルショット メディカル セラム

    TVネタ情報

    「シワが改善!」末延則子のリンクルショット・メディカル・セラム

    「シワが改善!夢の美容液」2017年1月、印象的なコピー「発見。世…

  6. TVネタ情報

    売上日本一!伊都菜彩【福岡県】JAファーマーズマーケット

    「伊都菜彩(いとさいさい)」は、2007年4月にオープン。糸島でとれた…

サイト情報

気になってしょうがない!

TVでの情報だけでは物足りないあなたへ少しだけ深堀したサイトです。

最近の記事

  1. マヌカ
  2. ピロリ菌に感染
  3. 肺
  4. 宮城県気仙沼
  5. くさや
  6. 高橋義男
  7. 加納ひろみ
  1. リンクルショット メディカル セラム

    TVネタ情報

    「シワが改善!」末延則子のリンクルショット・メディカル・セラム
  2. ヘッドスパ

    TVネタ情報

    あまりの気持ちよさに5分で寝落ち!ヘッドスパって?
  3. TVネタ情報

    高知のヘルシー田舎寿司
  4. 激ウマ!三重熱愛てこね寿司

    TVネタ情報

    激ウマ!三重熱愛てこね寿司
  5. マングース

    TVネタ情報

    天然記念物を守る!マングース探索犬
PAGE TOP