課税対象となる売上について簡単にまとめました!

課税となる売上

メルカリでの売上が課税対象となるかどうかは、取引の性質や頻度によって異なります。以下に課税対象となる売上のポイントを簡単にまとめます。

課税対象となる売上

不要品の販売

  • 課税対象外:自宅の不要品や中古品を販売する場合は、一時的な取引とみなされ、基本的に課税対象外となります

仕入れ商品の販売

  • 課税対象:仕入れ商品を販売して利益を得る場合、事業としてみなされ課税対象となります。これは、副業や転売ビジネスを行っている場合に該当します

継続的な販売

  • 課税対象:継続的に商品を販売している場合、たとえ不要品であっても頻度や規模によっては課税対象となることがあります

売上の基準

  • 20万円以上の副収入:年間20万円以上の副収入がある場合、確定申告が必要となり、課税対象となります

雑所得としての扱い

  • 雑所得:メルカリでの収入が給与所得などと別に発生する場合、雑所得として計上し、課税対象となります

収入と経費の管理

  • 収入:売上金額全体が収入となります
  • 経費:商品の仕入れ費用や送料、梱包材などの経費は収入から差し引くことができます。経費を適切に管理することで、課税対象となる所得を減らすことができます

例外と注意点

  • 特例:特定の条件下で非課税となる場合もあります。詳細は税務署や専門家に確認することをおすすめします

まとめ

メルカリでの売上が課税対象となるかどうかは、取引の性質や頻度に依存します。不要品の一時的な販売は非課税ですが、継続的な販売や仕入れ商品の販売は課税対象となります。副収入が20万円以上の場合は確定申告が必要です。収入と経費の管理をしっかり行い、適切に申告しましょう。