出品のコツ

効果的な商品写真の撮り方、魅力的な商品説明文の書き方、適正価格の設定方法など

商品撮影

商品写真の撮り方のコツ

メルカリで商品を出品する際、商品写真は購入者にとって非常に重要な情報源となります。見やすく、魅力的な写真を撮ることで、商品の価値を正しく伝え、売れやすくすることができます。商品写真の撮り方のコツをわかりやすく説明します。

1. 十分な明るさを確保する

  • 自然光を利用:自然光が入る窓辺で撮影すると、明るく自然な写真が撮れます。日中の明るい時間帯に撮影するのがおすすめです
  • 照明を追加:室内が暗い場合は、照明を使って商品を明るく照らしましょう。ライトは白い光が理想です

2. 背景をシンプルにする

  • 無地の背景:商品が際立つように、白や淡い色の無地の背景を使いましょう。シーツや壁を背景にすると良いです
  • 乱雑な背景を避ける:背景に余計なものが写り込まないように注意します。商品だけにフォーカスが当たるようにします

3. 多角度から撮影する

  • 全体の写真:商品全体がわかる写真を最初に撮ります。正面、側面、背面など全方位から撮影します
  • 詳細の写真:商品の特徴や状態がわかるように、重要な部分やディテールをクローズアップで撮影します。例えば、タグ、ブランドロゴ、傷や汚れがある場合はその部分も撮影します

4. 高解像度の写真を使用する

  • 高解像度の設定:カメラやスマートフォンの設定で、できるだけ高い解像度で撮影します。ピンぼけしないように注意します
  • クリアな写真:写真がぼやけないように、撮影時には手ぶれに注意し、しっかりと固定して撮影します

5. 商品のサイズ感を伝える

  • 比較物を使う:商品の大きさを伝えるために、身近な物(例:コイン、ペン、本など)と一緒に撮影すると良いです
  • メジャーや定規:商品のサイズを具体的に示すために、メジャーや定規を商品と一緒に撮影します

6. 商品の魅力を強調する

  • 使用シーンを撮影:商品がどのように使われるかを示す写真を撮ると、購入者に具体的なイメージが伝わりやすくなります
  • 美しく見せる:商品をきれいに整え、魅力的に見えるように工夫します。服の場合はアイロンをかけたり、シワを伸ばしたりすると良いです

7. 編集でさらに見栄えを良くする

  • 基本的な編集:撮影後、写真編集アプリで明るさやコントラストを調整します。ただし、実際の商品の色や状態を大きく変更しないように注意します
  • トリミング:商品以外の余計な部分が写っている場合はトリミングして、商品のみにフォーカスを当てます

関連記事一覧